タナカワークス/FNハイパワーMkIIIの修理と改造2 失敗、失敗、大失敗!!

タナカワークス/FNハイパワーMkIIIの修理と改造1


修理が終わっていよいよカスタマイズです。
といっても当方のFNハイパワーは既にパーツをいくつか交換しています。

  • アウターバレル→KM企画製ステンレスアウターバレル(8,000円)
  • メインスプリング→プロテック製プログレッシブレートリコイルスプリングD(1,200円)
  • グリップ→スピーゲル製ココボロチェッカーグリップ
  • シアーレバー→エジプト製真鍮シアーレバー(1,000円)


※シアレバーは既に組み込み済です

ここに以下のパーツを追加します。

  • キャロム製精密テーパーインナーバレル(2,000円)
  • キャロム製ハイキックバルブユニット(2,000円)
  • KM企画製ステンレス黒染めリングハンマー(7,000円)

プラス、マガジンセフティのキャンセル化をしようと思っています。
こちらトリガーからパーツを抜けば出来るらしいです。
分解に当たってはこちらのサイトを参考にしました。

仔馬の備忘録>ハイパワー トリガー,作動系チューン
仔馬の備忘録>ハイパワー バレル移植


キャロム製ハイキックバルブユニット交換。

一番交換しやすそうなので最初に手を付けました。
あとタイミング、何せガスが切れていないと交換出来ないので。
バルブと言えばバルブレンチ…は今回は使いません。
普通の六角レンチでバルブロックスクリューを外しました。

そして分解して行ったのですが…最後の板が外せなくて放出バルブに辿り着けない。
一番楽そうと思ったら全然そんな事なかった。
残念ですがこれ以上は無理と判断、元に戻しました。


マガジンセフティのキャンセル化。

マニュアルのパーツリストから抜粋しますが、
38.マガジンセフティ
40.トリガー&マガジンセフティスプリング
これを抜きます。

39.トリガー&マガジンセフティピン。
これは無いと見栄えが悪いので元に戻しておきます。

組立時に気を付けるのは、
32.トリガーピン
34.トリガーレバー
36.トリガースプリング
の位置関係、トリガースプリングはトリガーピンの下になり、凹みに食い込みます。


KM企画製ステンレス黒染めリングハンマー交換。

今回のカスタムのメインと言っても良い作業がこれ。
見栄えとしては元のスパーハンマーの方が好きなんですが、
ハンマースパーが手に当たって痛い。
こりゃ堪らんとリングハンマーに交換することにしました。

セフティとフレームインサートピンを抜くとハンマーからハンマースプリングまでごっそり抜けてくる。更にシアーハンマーハウジングからシアーピンを抜き、バルブロックレリーズとシアーを抜くとハンマーが取り出せる。
そしてハンマーを交換するのですが、KM企画製ハンマーのピンの穴がスカスカ。
傾けるとピンがスポスポ抜けちゃう、お陰で組み立てに凄い苦労しました。
後はシアースプリングですね。細い先っちょはフレームに組み込んでから押し込みました。


ちゃんと作動するか組み立ててテストすると…ブローバックしない。
正確には1センチくらいしかスライドが動きません。
どうやら組み方を間違えた模様です。
普通組み間違うと「組み立てられないor作動しない」という不具合が出るのですが、こちらトリガーを引くとハンマーがちゃんと落ちる。
なのにブローバックしないのでどこが悪いのかサッパリ分からない。
またバラすのが辛いので時間を置こうと保留しました。


キャロム製精密テーパーインナーバレル交換。

これを買ったのは精度を上げたいからじゃなくて、黒いアウターに金色のインナーが嫌だったから。
黒に黒ならバッチリだと。
ところがその後アウターバレルをシルバーに交換、結果色がちぐはぐになってしまいました。
ともかく組み込もうとまずはバレル周りを分解。
難関はインナーバレルを留めるCリング(パーツ名:バレルハウジングストッパー)です。

本来は「Cリングプライヤー」みたいな専用の工具を使って外すものですが、持っていません。
色々試した結果、精密マイナスドライバー2本をリングの両端に当てて押し出す、という方法で取れました。
なおCリングは勢いよく飛んでいきます。
危うく無くしかける所でした、壁を前にするとか工夫が必要ですね。


後はインナーバレルを組み込むだけ、Cリングの取付も外すのに比べると楽だろう。
そう思ったらインナーバレルがバレルハウジングに入らない。
寸法合ってないのに精密バレルとか何じゃそりゃ。
やっとここまで漕ぎ着けたのに、あまりにも残念過ぎる話です。
腹が立ったので力づくで押し込めないかとハンマーで叩いた結果…中途半端に嵌るという最悪の結果。
進むも引くも出来ない、バレルハウジングも死んだ!!
アカン、これはメーカーに部品注文するしか無い。

カスタムパーツの取付に尽く失敗。

惨憺たる結果です。
ともかくタナカにパーツ注文しなければ、という訳で次回は間が空きそうです。

タナカワークス/FNハイパワーMkIIIの修理と改造3

タナカ/ブローニングHP カナディアン
タナカ/ブローニングHP カナディアン
AMAZONYahoo!ショッピング楽天



あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)