【読後感想】GUN雑誌2021年4月号、ガンプロフェッショナルズ


SHOT SHOW on DEMAND

新型コロナの影響でバーチャル開催です。
主催者側はギリギリまで現地開催に拘っていた様ですが、海外からの出展や客が必須なイベントであることを考えれば無理がある。
まあ日本政府も「どうにかして東京オリンピック開催できないか」なんて考えているみたいですが。
このギリギリでバーチャル開催に切り替えというのがネックになり、準備不足での開催になった様でライターは物足りなさを感じた様ですね。
実際ホームページを見ましたが、英語が分からない事を差っ引いても分かりにくいサイトでした。
まあ仕方ないっちゃあ仕方ないと思います。
この状況ですっぱりWEB開催に切り替えられる業界なんてそうそう無いでしょうから。
そんな中気になったモデルを上げていきます。

リューポルド/レオポルド(Leupold)のデルタポイントマイクロ(Deltapoint Micro)

ハンドガン用のドットサイトです。
こちらマイクロサイト取り付けを前提としないスライド向けに作られている。
特徴は旧来のマイクロサイトと違いあまり上に出っ張っていないこと。
イコール旧来のアイアンサイトと同じ感覚で狙えますね。
見た目もかなり個性的で興味を惹かれます。
お値段399.99ドルで現状グロックとM&P用の2種類ですが、売れ行きが良ければ他の銃の対応モデルも出そうです。

ケルテックP50(KelTec P50)

FN P90の弾丸どころかマガジンまで使うハンドガンです。
更に特徴的なのが銃本体にサンドイッチされるように配置されていること。
上部がパカッと開き、まるで機関銃の様な装填方法です。
見た目は昔あったキャリコM100とかM950を思い出しますね。
一応ハンドガンではありますがかなり大型で、要望さえあればスグSMG型も作れそうです。

参考:ミリレポ>KelTec P50|P90の系譜を継ぐPDW

あとはキンバーのマイクロ9アメシスト(KIMBER Micro 9 Amethyst)
その名の通りアメジスト(紫水晶)色のスライドとグリップが目を引きますね。

スタームルガーMKIV

もし実銃を買うとしたら?
まず欲しいのはコルトM1911(クローンでも可)ですが、同じくらい欲しいのがスタームルガーの.22オート。
一応実銃(スタームルガーMKII)を撃ったことがあるのですが、外観の綺麗さに驚きましたね。
コスト重視で安っぽい仕上げかと思っていたら違いました。
実射すると50発に1回の割合でジャムを起こしました、これは同行者でも同じでした。

それくらい好きなスタームルガーですがトイガン、それもガスブロで作ってくれるところは無いだろうと思っていました。
理由は「.22口径シングルカアラム」というマガジンの小ささです。
基本的にガスブロはガスタンクの容量が取れる9mmダブルカアラム以上のサイズがないと厳しい。
マルシンがMKIの固定ガスを出していますが、ガスブロ化しないのは「サイズの壁」があるからだと思います。

これを思いも寄らない方法で解決したのが台湾のトイガンメーカーAction Armyです。
マガジンが小さいなら、グロックのマガジンを使えばいいじゃない。
こうして発売された「Action Army製AAP01アサシン」はオリジナルデザインでありながら、その姿はスタームルガーに激似。
お陰で私のスタームルガー熱と渇望を満たすことが出来ました。
但し最近は品不足というか仕入れされている気配が全く無い。
カスタム用にもう1丁欲しいので、そろそろ再販してくれないものでしょうか。

タナカワークス/SIG P229 .357SIGモデルガン

P229がモデルガンで出るのも凄いですが、更に凄いのは.357SIGモデルだということ。
つまり新しくカートを作ったんですね。
思い出されるのがMGCのベレッタ96モデルガン。
見た目はベレッタ92と全く一緒でカートが9mmではなく.40S&Wというモデル。
当時の自分は「カートが違うだけのモデルとか売れないだろ(※)」と思ったものです。
P229は一応新規モデルですが、大丈夫でしょうか。

※厳密に言うと刻印も違います。

タナカワークス/S&W M10ミリタリーポリス

待望のM10モデルガン、それも4インチテーパードバレルという私にどストライクのモデルが遂に登場。
.38口径シリンダーを初採用しています。
基本設計が30年くらい前のコクサイ製品を持っていますが、できれば入手して比較したいですね。

ハートフォード/ナガンM1890

アームズの時にも書きましたが「ちゃんと作っていたんだ」と驚いたモデルガンです。
個人的にはガスシール機構の再現にすごく興味があります。
当たり前っちゃあ当たり前ですが、こちらも新規カートですね。
アニメ「ゴールデンカムイ」で出てきたのでヒットする…かな?

その他

裏表紙がトウキョウジュウホウ(東京銃砲)の広告なんですが、モデルがジェリー・ミチュレックとレナ・ミチュレック親子だったのが印象的。

 




あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)