【修理完了】ACTION ARMY/AAP-01 ASSASSIN(アサシン)レビューその6 帰ってきたアサシンと新しいフォアグリップ


アサシン帰還。

海外製品なので「1ヶ月で帰ったら御の字」だと思っていたアサシンが帰ってきました。

×故障○部品取れただけ。

早く帰ってきた理由は破損じゃなかったから。
ブローバックを繰り返しているうちに衝撃でネジが外れただけだった。
こちらTWITTERでアドバイスしてくれた方が居ました。
写真見ただけで症状見抜くって凄い人が居るものです。
加えてその内容がショップから来た話と同じなので二度ビックリ。
まあ「ネジが外れる=壊れた」と思った私は修理に出してしまっていたのですが。

実際はメーカー送りになる前にショップの人が組み立てて直っちゃったんですね。
つまりショップの人に手間かけさせただけ、全く迷惑な客でした。
ただ自分に元に戻せたかは怪しいので、送ったこと自体は間違って無かったかも。
…苦しい言い訳ですね。


ともかく本体が帰ってきた。

周辺機器一杯買ったのに本体が無いんじゃ悲しいですからね。
加えて更に追加したパーツがあります。




ナイツタイプのフォアグリップ

元々付けていた「UTGタイプ フォールディング バーティカルグリップ BK」の機能自体は気に入っていました。
ただハンドガンに付けるにはあまりにもデカイ。
加えて固定が甘くガッタガタ。
ビニールテープ貼ったりしてスペーサー代わりにもしましたが、それでもガタつきます。

以前試しにKTR-03に付けているナイツタイプのフォアグリップを付けるとサイズ的にピッタリ。
加えてガタツキ全く無し、ワンタッチで外せてマシンピストル←→隠密拳銃への切り替えも自由自在。
あくまでKTR-03用に買ったパーツなのと、色がタンカラーのため別途購入することにしました。
確かKTR-03に使っているのはG&G製だったと思いますが、今回は違うメーカーで、色は黒です。
特徴はG&Gには無かったロゴと刻印がバッチリ入っていること。
また材質もG&GのABS樹脂っぽい感じに比べると、グラスファイバーかナイロン樹脂製に見えますね。


固定もバッチリ。

ナイツタイプのフォアグリップはレールの前から入れて、付けたい位置まで移動させる面倒があります。
途中に何か付けていたら一旦外さなきゃなりません。
ただ固定がしっかりしている。
思うに下から締めるというスタイルが、レプリカの低い精度でも再現しやすいのでは無いでしょうか。














あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)