UMAREX/H&K MP5A5、GLOCK G45

海外製GBB(ガスブロ)でまた魅力的な2丁が発売されるようです。

LAホビーショップ>GBB H&K MP5A5 Gen.2(6月上旬)

嘗てVFCで販売されていたMP5A5がUMAREXブランドしかもGen.2になってリニューアル。
使い勝手や軽さという点ではレールが付いていて樹脂を多用したUMPの方が良いのかもしれません。でも自分にとって「THE・SMG」といえばMP5です。
自分より前の世代だったらトミーガンやグリースガン、後の世代ならP90やUMPやMP7なんでしょうね。

そしてMP5はA3かA5がベスト、次点でMP5Kだと思っている自分にはドンピシャの一丁です。
何しろ自分が散々映画や実銃の写真で見たMP5はこの形だったから。
またA5の中でも「3バースト付き」というのがポイント高い。
一時期大流行、かの89式小銃にも付けられた3バーストメカも「効果が薄い割にメカが複雑化する」と現在では廃止傾向にあります。でもトイガンとしてみればメカが多いに越したことはない。

あとはやっぱり「HKスラップ(HK slap)」でしょうか。
引っ掛けたコッキングハンドルを滑らせて戻す動作。

これやってみたい。

加えて希望を言うと旧型のグリップフレーム(メカ付き)を別売りしてくれないものでしょうか。グリップフレーム交換で3バースト付きと無しが選べれば言うことなし。

LAホビーショップ>GBB グロック G45(7月末)

最初G45という文字だけ見て「H&Kの…そんなモデルあったっけ?」と思った。
写真を見ると嘗て「45なのに.45ACPじゃねー!」とツッコんだ銃だった。

Umarex_VFCのGLOCK G19Xはよく出来たトイガンだけれどいまだに残って居ます。
やはりタンカラーを嫌気している人が多いんじゃないかと。
そんな人にとってはG45は待ち望んだ一丁かもしれない。
G19Xと比較した違いは色の他に、

  • フロントにセレーションが入った
  • フレームのグリップ下部前面にあった「アゴ」が無くなった=Gen.5のマガジンベースとも干渉しない。

というのが挙げられますね。


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)