GUN雑誌2019年6月号、ガンプロフェッショナルズ

FNX-45

後述のIWA2019もそうですがアームズマガジンと似たような構成。
但し記事量はこっちの方が多いですね。
やはりこのサイズで45口径が15発も入るというのは魅力的です。

IWA2019

グロック46
手動セフティは米軍テストモデルよりもデザインが良いですね。

コルトボーダーパトロール

新製品かと思ったらかなり前の製品でした。
SFPD刻印入りで、USボーダーパトロール(国境警備隊?)が発注。
基本的にトルーパーの刻印違い&廉価版(仕上げが簡素)だそうです。
銃の愛称には願望が込められることが多い(指揮官に使って欲しい「コマンダー」とか)です。
こちらはボーダーパトロールありきのモデル、ガチですね。

海外サイト>コルトボーダーパトロール(英語です)

KSC タボール21

多分大丈夫だと思いますが、KSCのM4マガジンは使えるんでしょうか。

ハートフォード ナガンM1895

発表から4年間音沙汰なし。
立ち消えになったのかという話に危機感を抱いたハートフォードが試作品を公開した様ですね。
発売するまであとどれくらい掛かるんだろう。


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)