マルゼン/ワルサーP99簡易レビュー&P99コンパクトとの比較など


P99コンパクト(以後P99c)を持っているのに何故P99を買ったのか。
格安だったから&やはりフルサイズが好きだからですね。
箱自体はP99コンパクトと一緒の様です。
サイズはギリギリでP99コンパクトよりもギチギチ感が強いです。
まあ元来P99用の箱だったと思いますが。

見てビックリ

フルサイズにしては小さくないか?と思いました。
特にグリップ、P99コンパクトと比べてあまり大きくなった様に感じません。
P99コンパクトを見た時の「思ったよりデカイ」と真逆の反応です。多分、

  • P99…フルサイズにしては小さい
  • P99コンパクト…コンパクトにしてはデカイ

なんでしょうね。

握ってビックリ

フィット感が凄まじい。
これに比べるとグロックは角材じゃないかと思うほど手にピッタリ来ます。
先に小さいと言いましたが、手は小指まできっちりと掛かります。
まるで俺の手に合わせて作ったみたいじゃないか。
そんな訳無いでしょうが、そのぐらい手にしっくり来ます。

次にその質感。
見た目はコンパクトと同じガラス繊維風のフレームなんですが、P99は少しザラついています。
これが悪いんじゃなくて凄く良い、手が全然滑らない。
P99は本物のガラス繊維で、P99コンパクトはガラス繊維風ABSなんじゃないかと思ってしまう程です。

マガジンが汚い

残念なところもあります。
買った時は気づかなかったのですが、マガジンの仕上げがかなり汚いですね。
塗料のムラがかなりあります。
またP99コンパクトもそうでしたが、今時リップが金属製のマガジンケース一体型。
ここはプラ製の別部品にして欲しいところですね。

作動に関しては東京マルイ製品の最近の製品と似ています。
十分温めるとかなりキックが早い&強い。
マガジンが長い上マガジンベースまで金属(コンパクトはプラ製)なので、コンパクトより冷えに強そうですね。




P99とP99コンパクトの比較

  P99 P99コンパクト
レール 独自規格 20mm共通規格
スライドストップ 先端のみ露出、片面のみ 根本から露出、アンビ
トリガーガード 金属製、マット仕上げ プラ製、光沢仕上げ
バックストラップ マット仕上げ 光沢仕上げ

単にぶった切っただけ、ではなく結構違いがありますね。
当然ながらフルサイズのマガジンはコンパクトにも使えます。
但しマガジンエクステンションを使わないで勢いよく入れると、マガジンリップがシリンダーに当たって破損する可能性があります。

スライドとフレームの組み換え。

せっかく2丁揃っているのでやってみることにしました。
結論から言うと組み換えは出来ます。見栄えは全然良くありませんが。
この状態で撃つことも可能で、ちゃんとブローバックします。
加えてデコッキングレバーも作動しました。
但しスライドストップが掛からない。
特にコンパクトスライドとフルサイズフレームの方がダメです。
物理的にノッチがスライドストップの位置まで下がらないんですね。
尚、メーカーが保証している訳ではないので真似する方は自己責任でお願いします。


 

 


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)