エアーガン・ガスガンのページ

RIK46【パラオーディナンスV10】(WA/パラオーディナンスS.R.Tベース)

にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ
にほんブログ村

レビュー:by RIK

RIK46【パラオーディナンスV10】(WA/パラオーディナンスS.R.Tベース)

作成の動機

GUN雑誌に載っていたV10ウルトラコンパクト
こちらフレームがパラオーディナンスのハイキャパシティだったんですね。
大容量の小型拳銃。
実銃はかなりキックが強そうで撃ちづらそうでした。
でもガスガンならものすごく面白い銃になるんじゃないかと思ったのが切っ掛けです。
ところが作って写真撮った後忘れてしまいました。

しかしWAが2018年の福袋として、
【福袋ゴールド】WA V10/ハイキャパシティ
こちらを発売すると聞いて「昔似たようなの作ったな」と思い出しました。
更に途中まで作りかけのホームページがあることを見つけ「いい機会だから完成させてしまおう」と公開に至った次第です。

左右両面
左右両面

コンセプト

右側面
右側面

V10スライドにパラオードフレームを組み合わせる。
言ってしまえば単純なニコイチに近いですね。

ベースガンの選定

V10スライドにするという時点でスライド一式はほぼV10そのまんま。
今回は黒くしたかったのでオールブラックとフレームシルバーの内から後者を選択しました。
フレームとマガジンもパラオードH.R.Tからそのまんま…だと問題が生じます。
フルサイズフレームのダストカバーとV10スライドのリーフカットが合わない。
作動上問題無いのですが、何とも見栄えが悪い。
解決方法としてコマンダーサイズのパラオード「コンバット・プラス」のフレームを使う方法がありました。
WAのM1911はコマンダー以下の短いスライドは全てコマンダーのフレームとリーフカットが一致するという特徴があります。
お陰でV10やオフィサーズのスライドの長さがリアルじゃない!と突っ込まれるのですが、自作カスタムでは都合がよろしい。
しかしこちらパーフェクト・バージョンでしか発売されておらず(当時)入手は困難、たぶん無理だと思っていました。

ある日WA渋谷店4Fに行った所、図った様に「コンバット・プラス」のフレームが売っていたんですね。
「これはトイガンの神が『作れ』と言っているに違いない」
シャーシをSCW Ver.3に入れ替えれば問題なく使えた事もあり、制作を決意しました。

カスタムの内容

基本はV10とパラオードH.R.Tのニコイチカスタムです。
ぶっちゃけ両方持っている人は組み換えでスグ出来ちゃう。
それだけだと面白く無いので多少ヒネリを効かせました。
・基本的に黒一色にする。
・一部にシルバーを使ってアクセントにする。
こんな感じで制作しています。

前部
前部。オールシルバーなので一体感があります
後部
後部。このセフティは要注目です

分かりにくい拘りとして「黒いトリガー」が挙げられます。
基本的にH.R.Tのトリガーは殆どシルバーであり、パラオード用の黒トリガーはミルスペックモデルくらいしか使われていません。
また「コンバット・プラス」のフレームの滑り止めはライン(縦線)タイプでチェッカーではありません。
これに合わせるためにメインスプリングハウジングもナショナルマッチ用のラインタイプを組み込んでいます。
グリップセフティはお気に入りの「ヴィッカーズ」タイプをチョイス。
グリップスクリューはH.R.Tオールシルバーモデルのシルバーメッキタイプを使用。
アクセントという意味もありますが、手汗で錆びやすいのでサビ防止の為でもあります。

日付メーカーパーツ名称価格入手先
ベースガン
2011/03/18WA/V10ウルトラC07FS本体0流用
2011/03/18WA/パラオードHRT_Ver3本体0流用
スライド部分
2011/03/18WA/V10ウルトラC07FSスライド0流用
2011/03/18WA/V10ウルトラC07FSFRサイト(Fサイト)0流用
不明JA/スプリングフィールドFBIFRサイト(Rサイト)0流用
なしなしバレルブッシング0流用
2007/11/27WA/V10ウルトラC07ASプラグ一式0流用
2011/03/18WA/V10ウルトラC07FSアウターバレル一式0流用
2011/03/18WA/V10ウルトラC07FSチャンバーカバーピン0流用
2011/03/18WA/V10ウルトラC07FSインナーバレル一式0流用
2011/03/18WA/V10ウルトラC07FSブリーチ一式0流用
スライド計0---
フレーム部分
2006/07/21WA/パラオードHRT_Ver3フレーム一式0流用
2006/07/21WA/パラオードHRT_Ver3グリップカラー×20流用
2010/08/09WA/パラオードLTDスライドストップ0流用
2010/08/09WA/パラオードLTDマガジンキャッチ一式0流用
2010/11/07WA/パラオードHRT_Ver3Milトリガー一式0流用
2006/07/21WA/パラオードHRT_Ver3サムセフティ0流用
2006/07/21WA/パラオードHRT_Ver3プランジャー一式0流用
2006/07/21WA/パラオードHRT_Ver3ハンマーピン、シアーピン0流用
2010/11/07WA/パラオードHRT_Ver3Milハンマー一式0流用
2010/08/14WA/NHVTグリップセフティ0流用
不明WA/コルトGCNM_BKMSハウジング0流用
2010/08/14WA/NHVT内部パーツ一式0流用
2010/08/20WA/パラオードLTDマガジン一式0流用
2010/08/20WA/パラオードLTDグリップ0流用
2010/08/20WA/パラオードLTDグリップスクリュー×40流用
2011/05/03WA/パラオードHRT_SVグリップスクリュー×40流用
フレーム計0---
XXXX/XX/XX旧MGCシューティングスター・チェッカーグリップ4,800不明
小計**---

※ベースガンの値段は除外してあります
※価格の前に『@』とある場合は定価、その他は実売価格(実際に買った値段)です

総評

GUN雑誌に載っていたハイキャパV10はフレームも切り詰めたタイプでしたが、フレームとマガジンとそれに伴うパーツの短縮は出来ませんし、やる気もありませんでした。
以前ワートホッグを作っていた人が居ましたが、あれは「改造」というより「製造」だと思います。
目論見通り短いスライドを大型マガジンで勢い良くブローバックする楽しいモデルになりました。

ホールド・オープン
ホールド・オープン。

その他

他に気になる所はグリップくらいでしょうか。
パラオード用木製グリップを以前個人輸入しようとしたのですが、3週間待たされても入荷せず断念しました。

グリップに光
グリップに光。実際の色味はこちらの方が近いです。


PVアクセスランキング にほんブログ村

ページの先頭に戻る
COPYRIGHT(C)2004 RIKSGUNS ALL RIGHTS RESERVED